レーシック施設と地域について



<レーシック施設と地域について>

施設と地域
快適な裸眼生活をもたらすレーシックおよびイントラレーシックをいざ受けようと思った時、有名眼科クリニックや信頼できる眼科クリニックが近くにある場合には問題ありませんが、地方に住んでいる方や近くにレーシックを受けられる施設がない場合には困ってしまいます。


レーシックやイントラレーシックでは手術はもちろんのこと術後状態の経過観察も非常に大切なので通常、手術の翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後に定期検査が必要です。


いったん手術を受けて順調に裸眼視力が回復するとついつい面倒になりがちですが生涯を通じてお世話になる眼です。しっかりと定期健診には行くようにしましょう。とはいえ、前述のように地方の方や遠方の方にとっては時間的、経済的に困難な場合があります。


そんな時には事前に手術する眼科クリニックの担当医に相談して、お住まいや職場の最寄の眼科クリニックで定期検査などのアフターフォローを行ってもらえるように紹介状を書いて頂ければ安心です。


しかし、眼科クリニック施設により紹介できる眼科クリニックが多少異なり希望する場所で受けられない場合があります。


また、紹介状も無料で書いていただけるところと有料のところもありますので確認が必要です。


通常、翌日検診は必ず手術を受けた施設で行う必要がありますが、1週間後からの検診はもよりの眼科クリニックで受けられるようです。


ほとんどの方は術後約3ヶ月でほぼ安定するようですので、できれば1ヶ月検診までは施術施設での検診が望まれます。


<地方・遠方からレーシック&イントラレーシック手術を受ける方へのプチアドバイス>


・術後の定期健診を最寄の眼科クリニックで受けられるかを確認する。
 (もし可能なら紹介状を書いてもらう)

・術後は目を開けることがつらいので近くのホテルに泊まる。
 (宿泊施設は術前にチェックインした方が賢明です、文字すら書けないかも・・・)

・術後の外出は保護用ゴーグルをしなくてはいけないので事前に食事の用意をしておく。
 (特に女性の方は恥ずかしいかも・・・)

・翌日の視力も安定しませんので自宅までの交通手段を確保しておく。

・術後3〜4日は洗髪やメイクが出来ませんので、術前には必ず入浴しておく。
 (できれば1週間程度手術のために休暇をとっておくと安心)

・遠方からわざわざ有名眼科クリニックを訪れても適応検査で手術不可能な場合もありますので
 全国の簡易検査を利用すると無駄足がなくなり便利です。(品川近視クリニックで行っています)





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて