レーシック&イントラレーシック施設と執刀眼科医について



<レーシック&イントラレーシック施設と
執刀眼科医について>

執刀眼科医


レーシックおよびイントラレーシックを受ける場合、手術を行なう施設と執刀する眼科医について良く調べておく必要があります。


<レーシックの場合>


レーシックを受ける場合には手術に用いるマイクロケラトームやエキシマレーザーの機器の性能がとても大切ですが、それよりもまして執刀する眼科医のマイクロケラトームを扱う熟練度が非常に重要になってきます。最近では全自動マイクロケラトームも開発され、その性能も向上していますが、やはり執刀眼科医の熟練度により大きく左右されます。


都心の有名眼科クリニックなどでは最新型で性能のよいレーシック関連機器などを揃えていますが、地方の眼科医などでは旧式の機器を使用している場合が多くあります。しかし、旧式でもその取り扱いに熟練している眼科医であれば特に問題はありません。


レーシックを受ける場合には、導入している機器よりも執刀する眼科医の熟練度を第一に考慮した方が賢明です。


<イントラレーシックの場合>


一方、イントラレーシックではマイクロケラトームの代わりにすべてコンピューター制御されたイントラレーザーを用いますので、それほど手術経験の多くない比較的若い眼科医でも容易に対応できます。それでも手術経験の多い眼科医である方が万が一の時には安心です。


イントラレーシックを受ける場合には最新型で高性能のイントラレーザー機器を導入している眼科クリニックがおすすめです。しかし、最近ではイントラレーシックを行なっている眼科クリニックでは最新型のイントラレーザーおよびエキシマレーザーを導入しておりほとんど差がありません。


<まとめ>


以上のように通常のレーシックを受ける場合には、執刀する眼科医のマイクロケラトーム熟練度が非常に大切であり、イントラレーシックを受ける場合には執刀する眼科医よりもどちらかというと導入しているイントラレーザーやその他の周辺機器の性能に左右されますのでしっかりとチェックしていきましょう。


最後にレーシックおよびイントラレーシックのどちらを受けるにしても長期にわたるアフターケアがとても重要となりますので、執刀する眼科医と自分との相性がとても大切になってきます。さらには、担当眼科医だけでなく検査技師やスタッフなど、その施設に関わっているすべての人の対応も気になるところです。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて