通常レーシックと最新イントラレーシックの違い



通常レーシックと最新イントラレーシックの違い


通常のレーシックと最新のイントラレーシックの違いを知ることは、エキシマレーザーによる近視矯正手術を受けようと考えている人にはとても大切なことです。


現在、日本全国にはレーシックを受けることの出来る眼科クリニックは100施設以上ありますが、そのほとんどがマイクロケラトームを用いた通常のレーシックです。そして最新技術を導入したイントラレーシックを受けることが出来る眼科クリニック施設はわずか4施設のみです。


もし、あなたが様々な事情によりお住まい近くの眼科クリニックでしか手術ができないのであれば致し方ないのですが、レーシックおよびイントラレーシックのどちらかを選択できる立場にあるのならば是非ともそれぞれの特徴やその違いを知り、自分に最も適した視力回復手術を選んだ方が得策です。


また、通常の近視矯正手術レーシックにおいて適応検査で不適応と判定された方は、最新のイントラレーシックを受けざるを得ないのですが、その際にはイントラレーシックに付随する注意事項を熟知しておく必要があります。


なぜなら、これらレーシックとイントラレーシック手術方法の違いによる様々な要因が術後の合併症や経過、効果につながってくるからです。


レーシックおよびイントラレーシックの違いを以下の項目ごとに簡単にまとめてみましたのでご参考になさってください。


<フラップの質>


◆レーシック

通常のレーシックではマイクロケラトームと言う超小型の金属ブレード(金属刃)の往復運動によってフラップを作成します。その際には金属ブレードによる微細なスジがフラップ面にできてしまいます。そのため一般的には見え方の質が落ちてしまうと言われています。また、マイクロケラトームはその取り扱いが難しくその操作にはかなりの熟練を要します。(*最近では、コンピューター制御によるマイクロケラトームが開発され、かなり質の良いフラップが作成されているようです。)

★イントラレーシック

最新のイントラレーシックではマイクロケラトームの代わりにイントラレーザーを使用します。イントラレーザーはコンピューターで制御されるため、精密で滑らかなフラップ面を作ることが出来ます。フラップ面が滑らかのため、夜間のハローやグレアなどが通常のレーシックよりも起こりにくく、夜間の視力も優れています。また、フラップに関する機械的(物理的)なトラブルの心配がありません。


<フラップのシワやズレ>


◆レーシック

機械的に金属刃であるマイクロケラトームを操作してフラップを作成しているため、フラップの厚さを一定にすることが困難です。また、フラップの切開面には多少の凹凸ができてしまうこと、エッジの辺縁が鋭角になってしまうため、フラップを戻したときに多少のズレやシワができる場合があります。

★イントラレーシック

イントラレーザーの照射はすべてコンピューター制御されて行うので角膜の一定深度に作用させることができ、均一な厚さのフラップが作成できます。また、フラップのエッジを直角にすることが出来るためマンホールの様にしっかりとフタができ、フラップを戻したときにズレやシワができにくくなります。


<フラップの強度>


◆レーシック

金属刃であるマイクロケラトームで作成するフラップは、厚さを一定にすることが困難なため薄い部分や厚い部分ができフラップ面に強度の差ができてしまう場合があります。

★イントラレーシック

イントラレーザーで作成したフラップは、コンピューター制御によって照射されるためフラップの厚さを均一にすることができるためフラップ面全体が安定した強度を保つことができます。


<視力矯正効果>


◆レーシック

超小型のマイクロケラトームの取り扱いが難しくその操作にはかなりの熟練を要するため、手術経験の浅い未熟な執刀医が行うと不均一な厚さのフラップ面になってしまいます。(*手術経験の豊富な実績のある熟練眼科医がレーシック手術を行う場合には、イントラレーシックに劣らない仕上がりでフラップを作成します。)不均一だとエキシマレーザーを照射してもレーザーが均等に照射されにくく不正乱視を引き起こす可能性があります。

★イントラレーシック

コンピューターを用いて正確にイントラレーザーを照射するため均一で薄いフラップを作成することが可能です。しかもそのフラップ切断面はスムーズに仕上がるため、エキシマレーザーも計算どおりに照射できるため良好な結果を導き出せます。


<術後の視力回復>


◆レーシック

マイクロケラトームで作成するフラップを薄くするには限界があり、エキシマレーザーによる矯正できる角膜厚を十分に残せないため視力の回復にも限界が生じてしまいます。レーシックの場合では約90%の方が裸眼視力で1.0以上に回復するようです。(*現在ではマイクロケラトームも進化し、90μmの厚さのフラップも可能となっています。各施設ごとの確認が必要です。)

★イントラレーシック

イントラレーザーを使用するため、フラップの厚さをコンピューター制御で非常に薄く剥離することが出来ます。したがって角膜には十分な厚みを残すことができ矯正できる範囲も広がります。イントラレーシックの場合、約95%以上の方が1.0以上に回復するようです。


<術後の感染症>


◆レーシック

従来のレーシックで用いられているマイクロケラトームは高価であったため昔は滅菌して使用されていました。ですからこの滅菌操作において完全な滅菌を行わない限り感染症の問題が残っていました。
現在では使い捨てのマイクロケラトームが主流となっていますが、レーシックを受ける際には眼科クリニックで確認したほうが良いでしょう。)また、手術室の設備においてクリーンな状態で手術が受けられる状態が望まれます。

★イントラレーシック

イントラレーシックの場合は、物理的に眼球に接するものとして特殊ガラスなどがありますが、これらの滅菌状態が問題となります。イントラレーザー照射に関しては問題ありませんが、照射後のフラップ内面の炎症が問題となることがあります。


<執刀医の経験>


◆レーシック

マイクロケラトームを用いてフラップを出来るだけきれいに切開するためにはかなりの熟練を要します。
熟練した医師がマイクロケラトームを使用して作成したフラップのほうが美しい仕上がりになり場合もあります。

★イントラレーシック

すべてコンピューター制御のもとでフラップを作成するので比較的経験に左右されることなく安全で精密、正確なフラップを作成することが出来ます。


<ドライアイ>


眼の表面をうるおす涙の不足によって眼が乾燥してしまう状態で、症状としては眼精疲労、かすみ目、不快感などがあります。


◆レーシック

従来のレーシックではフラップ作成にはマイクロケラトームを使用するので物理的に角膜への負担が大きく、術後のドライアイ発生率はイントラレーシックと比較して高くなっているようです。

★イントラレーシック

イントラレーシックではフラップ作成時にマイクロケラトームを使用せず、すべてイントラレーザーを用いるため角膜への物理的な負担が非常に少なく、術後のドライアイ発生率は激減しているようです。


<ハロー現象>


夜間に街灯などの明かりを見たときに、光源の周りがぼんやりとして霧がかかったように見える現象。


◆レーシック

マイクロケラトームを使用したフラップの内面やエッジ接着面には往復運動を行っているブレードの微細なスジが残ってしまいます。その歪みの影響で光がボンヤリと見えてしまうことがあります。

★イントラレーシック

イントラレーシックでは、フラップ内面やエッジ部は滑らかに仕上がりますのでハローの発生を大幅に押さえることが可能となっています。


<強度近視の回復>


◆レーシック

レーシックでは、強度近視の方で角膜が薄い場合には治療することが出来ません。

★イントラレーシック

イントラレーザーを用いることにより強度近視の方で角膜が薄い場合でも治療の幅が大幅に広がりました。


<再手術率>


◆レーシック

従来のレーシック手術による再手術率はおよそ5〜10%と言われています。

★イントラレーシック

イントラレーシックの場合には、再手術率は1%以下とレーシックに比べ低くなっています。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて