イントラレーシックの利点と欠点



イントラレーシックの利点と欠点


最新のレーザー技術や高性能コンピューターを導入したイントラレーシックでも、その利点や欠点が存在します。


通常のレーシックや最新のイントラレーシックのそれぞれの特徴を知り、それぞれの利点や欠点を十分に確認してから手術に望む必要があります。


以下にイントラレーシックにおける利点と欠点を記載しておきますので、ご参考になさってください。


<イントラレーシックの利点>


・均一の薄さで切開面の滑らかなフラップを正確に作成することが可能。
・フラップのエッジを垂直にできるためフラップがずれたりシワができにくい。
・角膜が薄く通常のレーシック不適応でも手術可能の場合がある。
・すべてコンピューターによって制御されているため角膜を傷つけること無く
 正確にフラップを作成することが出来る。
・従来のマイクロケラトームではフラップの作成が困難だった患者でも
 レーシックを受けることが出来る。
・従来の方法では治療できなかった乱視も治療できる。
・術後の平均裸眼視力は従来のレーシックに比べ高くなる。
・強度近視の人でも手術可能の場合がある。
・フラップ面を滑らかに作成できるためよりクリアな視力回復が期待できる。
・マイクロケラトームなどの物理的付加がないため眼球へのダメージが少ない。
・フラップ作成時の機械的なトラブルの心配がない。
・従来のレーシックに比べて再手術率が大幅に減少できる。
・フラップの切り傷がきれいに仕上がるためハローの発生を大幅に
 押さえることが可能。  

intra-01.gif


<イントラレーシックの欠点>


・イントラレーザーでフラップ作成後しばらく角膜が落ち着くまで時間がかかる。
・フラップ面はレーザー照射による蒸散の影響により接着するまでに多少時間
 がかかる。
・術後のフラップ面に起きるDLK炎症が問題となるが点眼薬で抑制。
・光に対して過敏になる「羞明(しゅう明)症」の報告があるが1%〜20%と個人差、
 機械の差が影響しているものと考えられる。
・10年後、20年後の長期の影響がわかっていない。






 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて