イントラレーシックの特徴



イントラレーシックの特徴


イントラレーシックの最大の特徴は、フラップを正確にしかも安全に薄く作成することができることです。


イントラレーシックでは通常のレーシックで使用しているマイクロケラトームは使用せずにすべてコンピューター制御されたイントラレーザーを用いてフラップを作成します。


コンピューター制御されているので正確にしかも安全に均一の厚さの非常に薄いフラップを作成することができます。


この最先端レーザー技術や高性能コンピューター技術を導入したことにより、これまで通常のレーシックでは対応できなかった強度近視の方や角膜の形状が不適応だったり角膜の厚さが不足していた方でもイントラレーシックなら可能となりました。


<レーシック・イントラレーシックによる角膜の厚さと近視矯正の関係>


レーシックおよびイントラレーシックは角膜に対する手術なので正しく理解するためには角膜の構造を知る必要があります。


角膜は表面から、角膜上皮(50μm)、ボーマン膜(10μm)、角膜実質(400〜500μm)、デスメ膜(10μm)、角膜内皮(5μm)の5層からなっており、通常、ヒトの平均的な角膜の厚さは約550μmと言われています。

kakumaku.jpe


レーシックやイントラレーシックでは角膜表面にフラップを作成して露出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正します。近視度数が大きいほど角膜実質層を削る量が多くなり、角膜が厚いほどエキシマレーザーによる矯正範囲が広がります。


また、角膜は眼球内部からの圧力を受けているため、角膜実質を削りすぎると眼球内圧の影響を受けて角膜が前方に押しやられ、形状にゆがみを生じる恐れがあります。


ですからエキシマレーザー照射後の角膜実質層の厚さは、国際的な基準として250μm以上は残さなくてはならないことになっています。(このエキシマレーザー照射後の角膜実質層の厚さはベッドと呼ばれています。)


一般的に、このベッドが厚いほど術後の角膜は安定し、一方、フラップは薄い方が角膜が安定すると言われています。


<エキシマレーザーで照射できる角膜実質層の厚さが重要!>


強度近視の方で角膜の厚さが500μmのヒトを例に説明します。
通常のレーシックで作成できるフラップの厚さは約160μmです。
(1μmとは1mmの1000分の1です。)


角膜の厚さは500μmですから、500μm(角膜の厚さ)−160μm(フラップの厚さ)=340μm(残った角膜厚)となります。


また、眼球の内圧の影響によりベッドは最低でも250μ以上は残さなければなりませんから

340μm(残った角膜厚)−250μm(必要なベッド厚)=90μm(矯正できる範囲)

つまり、エキシマレーザーにより削り取ることのできる矯正角膜実質層の量は90μmとなります。
この範囲内で近視矯正が行うことができればレーシックでも対応することができます。


しかし、視力矯正を行うために必要な角膜実質厚が90μmよりも厚くなければならない場合には、通常のレーシックでは対象外となります。そこで、イントラレーシックの出番です。


イントラレーシックで作成できるフラップの厚さは約90μmです。


500μm(角膜の厚さ)−90μm(フラップの厚さ)=410μm(残った角膜厚)
410μm(残った角膜厚)−250μm(必要なベッド厚)=160μm(矯正できる範囲)
160μm(イントラレーシック)−90μm(レーシック)=70μm(矯正範囲の差)


イントラレーシックではレーシックに比べさらに70μmもの矯正できる角膜実質層を残すことが可能となります。


このことは、万が一に再手術となった場合にも有利となります。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて