イントラレーシック ( Intra LASIK )について



イントラレーシック ( Intra LASIK )について


イントラレーシックは従来のレーシックと同様にエキシマレーザーを角膜に照射することにより屈折力を調整して視力矯正を行いますが、従来のレーシックと異なる点はフラップ作成過程にあります。


従来のレーシックでは超小型の金属刃であるマイクロケラトームを使用してフラップを作成するのですが、最新のイントラレーシックではすべてコンピューター制御されたイントラレーザーによってフラップを作成します。


イントラレーシックでは従来のレーシックにおいて作成されるフラップをさらに安全でしかも精巧なものにするために開発されたものです。


角膜に特殊な平面ガラスを押し当てて固定し、角膜面に対して垂直にイントラレーザーを照射します。
イントラレーザーは平面ガラスから一定の深度で作用し、連続照射することにより正確にミクロン単位の剥離面を作りだします。

intra-03.gif


また、コンピューター制御されていますので、フラップの厚さや大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置、長さなども自由に設定することが可能です。


このようにコンピューターによりイントラレーザーを制御することにより角膜を均一で薄くしかも滑らかで精密なフラップが作成できます。


イントラレーザーを用いることにより従来のマイクロケラトームよりも約60%もの薄いフラップが作成可能で、これまで従来のレーシックでは治せなかった角膜の薄い強度近視の人でも手術が可能となりました。


この最先端技術イントラレーシックが、従来のマイクロケラトームでは不可能だった角膜の形状条件の幅を広げ、より多くの方に安心してエキシマレーザーによる屈折矯正手術を受けることが出来るようになったのです。


そしてイントラレーシックで作成されるフラップのエッジ部分は直角に作ることが出来るため、エキシマレーザ照射後のフラップを元に戻すとき、しっかりと元の位置に固定されるので術後のフラップのズレやシワが起こりにくくなります。


さらには、フラップの厚さも一定の薄さで作ることができるため、フラップの切開面は非常に滑らかなのでレーザー照射は安定して行うことができます。


したがって術後の視界のクリアさも従来のレーシックよりさらに期待できます。






 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて