レーシック(屈折矯正手術)の原理



レーシック(屈折矯正手術)の原理


レーシックによる屈折矯正手術の原理は、近視や乱視、遠視などの屈折異常をメガネやコンタクトレンズを用いて矯正するのと同じように、医療用レーザーを用いて角膜形状を変化させることによって視力矯正します。(下の図)


※近視の場合を例にレーシック(屈折矯正手術)の原理を説明します。


renzu01.gif


近視の場合、慢性的な刺激により毛様筋が緊張しすぎて眼球の水晶体の厚さを調整することができず屈折力が大きいままになっています。ですから眼球を通過する物体像の焦点は網膜の手前で結ばれてしまいます。


この近視の場合には、眼球の前にメガネやコンタクトレンズなどの凹レンズを利用して余分な眼の屈折力を打ち消すことにより近視を矯正することができます。


同様にレーシックでは角膜の実質にエキシマレーザーを照射してその中央部を薄くすることで屈折力を弱め、近視を矯正する事が可能です。


角膜の表面と内面の曲率差を変化させることによって凹レンズと同様の視力矯正を行なわせ近視の焦点異常を修正します。






 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて