ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)について



ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)


従来のレーシックでは、近視や乱視、遠視などの屈折異常に対してのみエキシマレーザーを角膜に照射して矯正手術を行ないます。


しかし、人間の眼球が持つ形や歪みには個人差があります。通常のレーシックでは、この個人差による細かな歪(収差)はカバーしていません。


そこで、通常のレーシックだけではカバーできないこの個人差による細かな歪を矯正するための技術が開発されました。それが、ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)です。


ウェーブフロントレーシックでは個人差による細かな歪(収差)の矯正が可能となり、より精度の高いレーシックを行なうことができます。つまり同じ視力でもよりクッキリ、ハッキリ見える「視界の質の向上」が期待できるようになりました。


ウェーブフロントアナライザーという専用検査機器を用いて光の持つ波長の性質を利用し、眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的に解析します。


この検査により近視や乱視、遠視などの屈折異常よりも次元の高い個人差の持つ「収差」を検出することが可能になりました。


ウェーブフロントアナライザーという最先端の検査機器で解析し、次元の高い収差を検出することが可能です。ウェーブフロントアナライザーを利用して個人的な細かな収差を無くすようエキシマレーザーを照射するのが、ウェーブフロントレーシックなのです。


ウェーブフロントレーシックは通常のレーシックやイントラレーシック、エピレーシック、ラセック、PRKなどに利用でき、より高度な視力回復手術が可能となります。


つまり、個人によって異なる個々の眼に合わせた質の良いレーザー照射をカスタマイズできる、いわばオーダーメイドの視力回復手術なのです。


【収差とは?】・・・光の波長の違いや光線がレンズを通過する角度や位置によって、光束(光線の束)の集まる位置(焦点)が多少ずれる現象のことを収差と言います。


<ウェーブフロント レーシックの特徴>


ウェーブフロント レーシックは通常のレーシックより矯正精度を高くするために個人差による細かな収差をコンピューターによって正確に解析し、エキシマレーザーにて事細かに屈折力を矯正します。


高次収差である不正乱視の改善や球面収差による夜間視力の低下などに効果があり、見え方の質の向上が期待できます。このためウェーブフロントレーシックでは夜間の見え方の満足度が高いと言われています。


また、解析データを元にプラスティックに実際照射をしてみて、術後の見え方の確認を行うことも可能だそうです。

ウェーブフロントとは、術前検査の際に正確な角膜の収差(歪み)を解析するために用いるウェーブフロントアナライザーから来た呼び名で、実際には、レーシック(LASIK)やイントラレーシック(Intra-LASIK)、エピレーシック(Epi-LASIK)、ピーアールケー(PRK)、ラセック(LASEK)などと組み合わせて行なうことが可能です。


<ウェーブフロントレーシックが適している人>


・職業等でより質の高い視力を要求される人
・見え方の質を重要視する人
・夜間視力が大切な仕事をする人
・暗所での瞳孔径が大きい人
・角膜乱視の非対称性や不正が大きい人


<ウェーブフロントレーシックの手術方法>


・術前にウェーブフロントアナライザーを用いて個人の高次収差などを正確に解析します。
・解析結果に基づきエキシマレーザーの照射方法を決定します。
 (術後の見え方をシュミレーションして細かなところを確認していきます)
・各種屈折矯正法によりフラップ等を作成します。
・計画通りエキシマレーザーを角膜に照射して屈折を矯正します。
・フラップを戻し洗浄、消毒して終了。


<ウェーブフロント レーシックの利点>


・従来のエキシマレーザーでは治療できなかった乱視も治療できる。
・眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視でも矯正することが可能。
・わずかな歪みをも矯正できるので、よりクリアな見え方が期待できる。


<ウェーブフロントレーシックの欠点>


・個人的なオーダーになるため別途追加費用が必要となることがある。
・細かく修正するため角膜を削る量が増える(約3割程度)。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて