RK(アールケー)放射状角膜切開手術:Radial Keratotomy



RK(アールケー)放射状角膜切開手術:Radial Keratotomy


RKとは眼球の角膜中心部から放射状に切り目を入れて屈折矯正を行う最も古い手術方式です。放射状に切開を入れる手術方式のため放射状角膜切開手術と訳されています。


角膜への屈折矯正手術としては1885年にノルウエーで白内障術後の乱視に対して角膜の内側から角膜切開を行ったのが最初の試みと言われています。


そして、世界で一番最初に近視に対しての屈折矯正手術を試みたのが、日本の順天堂大学佐藤教授でした。


1939年に佐藤教授は円錐角膜治療からヒントを得て角膜表裏面にメスで切開を加えることで角膜中央部分を平面化させる佐藤式近視手術である角膜前後面放射状角膜切開術を開発しました。


しかし、当時は角膜の内皮細胞の存在が知られていなかったため、角膜内皮細胞障害である水抱性角膜症が相次いで発生してしまいました。


そして1968年に旧ソ連の眼科医フィヨドロフ氏が交通事故で角膜表面に傷を負った近視の少年が角膜の回復と共に視力が正視状態に戻ったことをきっかけに、佐藤方式の失敗原因を探り当て角膜前面のみから切開すれば安全な近視矯正が可能なことを発見しました。

RK.jpg


改良された方法は角膜の裏面には一切切開を入れずに表面のみに、中心部から放射状に4〜12本の切開を加えて角膜の屈折力を弱め屈折力を調整しようとする方法か取られました。この角膜の表面のみの切開法がRK(放射状角膜切開術)と名付けられています。


その後、この画期的な近視矯正手術の成功は全世界の眼科医に衝撃を与え、アメリカを中心に急速に普及し、日本でも行われるようになりました。


しかし残念なことにこの画期的な近視矯正方法であるRKにも問題点がありました。


RKはメスを用いて切開を入れるため、手術を行う眼科医の熟練を要すること、また近視の度数により切れこみが深くなり角膜の強度が落ちるため、気圧の変化によって視力が不安定になったりする欠点があります。


レーシックが誕生した現在ではもう行われていない近視矯正手術といえます。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて