PRK (PhotoRefractive Keratectomy、レーザー角膜切除屈折手術)



PRK (PhotoRefractive Keratectomy、レーザー角膜切除屈折手術)


PRK(Photorefractive Keratectomy)は、角膜上皮のみを取り除いてエキシマレーザーを照射するため、角膜表層切開術、レーザー角膜切除屈折手術と訳されています。


PRKは角膜上皮を取り除く方法によって様々な術式があります。


レーシックのように角膜にフラップを作らずに角膜の最表層に存在する上皮細胞を機械的もしくは薬液、エキシマレーザーを用いて取り除き、角膜上皮下のボーマン膜および角膜実質にエキシマレーザーを照射して屈折矯正を行います。


PRKではフラップを作らないので角膜上皮を取り除いてしまいますが、角膜上皮の再生能力は高いので約2週間程度で新しい上皮に生まれ変わります。


エキシマレーザーを使用して角膜の屈折力を矯正するところはレーシックと共通していますが、大きな違いは角膜にフラップをつくらないため激しい運動や格闘技などの目に強い衝撃が加わる可能性のあるスポーツを行う人にはレーシックよりもPRKの方が術後のリスクが少なく最適といえます。


ただ、角膜上皮の再生までの間は痛みが伴なうこと、角膜表面を保護するためにコンタクトレンズを装用しなくてはならないこと、コンタクトレンズは角膜の上皮が再生してくるまで装用(3日〜1週間)しなく
てはならないこと、両眼同時に手術を行うことができず片眼ずつしかできないなどの欠点があります。


また最近ではエキシマレーザーによる角膜上皮の除去が行われている施設が多いのですが、従来のPTKモードと呼ばれる照射方法では遠視化傾向になる欠点がありました。


しかし、最新型ではVISIX社STAR S4のセブンビーム照射機能やニデック社 EC-5000のフレックススキャン機能が装備され球面状レーザー照射が可能になり、遠視化傾向の欠点も克服され矯正後の視力もレーシックと同等以上となりました。


<PRKの利点>


・フラップ作成に伴なう障害がない
・ハロー、グレアなどの副作用が出にくい
・角膜の切除量が少なくすむ
・術後の角膜強度が保てる


<PRKの欠点>


・角膜上皮の再生まで痛みが伴なう
・角膜表面の保護用コンタクトレンズを装用しなくてはならない
・両眼同時に手術を行うことができない


<従来のPRK>


平らに削るため、中心部分が遠視傾向になる。
視力が出るのが遅い。


<セブンビーム・フレックスPRK>


球形に削るため、視力は均一になります。
視力が出るのが従来のPRKより早い。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて