屈折矯正手術(近視矯正手術)レーシックの歴史と進化



屈折矯正手術(近視矯正手術)レーシックの歴史と進化


レーシックやイントラレーシックを理解するにはやはりその歴史を知る必要があります。


これから一生涯付き合うことになるレーシックによる裸眼生活です。その特徴や術後の注意事項等をしっかりと理解するにはその進化した過程を知ることで理解が容易になります。それではレーシックやイントラレーシックの歴史について簡単に調べてみましょう。


miti.gif


<レーシックの歴史>


昔は近視や乱視、遠視などの屈折異常により視力が低下した人たちはメガネをするしか物をはっきり見る方法がありませんでした。しかし、メガネなしで視力回復できないものかと何度も研究が繰り返されてきました。そして屈折矯正手術の歴史は1869年から始まります。


1869年 角膜への切開手術の始まり。(角膜を切開して、屈折率を変えるという発想)
 ↓
1939年 日本で始めての角膜切開の近視矯正手術実施。
 ↓    角膜の両面に放射状の切開を入れる方法でしたが、時間の経過とともに角膜の混濁が
 ↓    明らかになりました。
 ↓
1972年 旧ソ連で角膜前面のみの切開での屈折矯正手術に成功。
 ↓    角膜の混濁問題が解消されましたが、手術の精度が悪く普及しませんでした。
 ↓
1975年 エキシマレーザーが開発されてからは飛躍的に進歩。
 ↓    エキシマレーザーはアメリカIBM社によって開発され、当初は半導体などの基盤加工
 ↓    に応用されており、その高い精度で加工できる特長を生かし主に電子回路を作成する
 ↓    ために使用されていました。
 ↓
1983年 アメリカでエキシマレーザーがはじめて屈折矯正手術に使用。
 ↓    この高精度のエキシマレーザーは生体に応用できないものかと動物で実験が行われ、
 ↓    ミクロン単位の正確さで切開が可能となりました。そして、眼球表面の角膜に熱変性を
 ↓    一切起こすことなく安全に切削できるということが確認されました。
 ↓
1985年 ドイツで人間の乱視や近視の臨床応用としての矯正手術に発展。
 ↓
1988年 アメリカで初めて、角膜表面へエキシマレーザーを照射するPRKが施行。
 ↓   角膜を切開するこれまでのRK方式よりも、精度の高いPRK方式が主流となりました。
 ↓
1990年 角膜表面をめくりエキシマレーザーを照射するレーシックがギリシャで初めて実施。
 ↓
1995年 エキシマレーザー照射による屈折矯正手術をFDA(アメリカ食品医薬品局)が認可。
 ↓   (しかし、屈折矯正手術の主流はまだPRK方式が主でした。)
 ↓
1998年 主流だったPRKから徐々にレイシックに移行し、視力回復が早いこと術後の痛みが少
 ↓   ないことなどから評価され急速に普及しだしました。(同年1998年には、日本の厚生省
 ↓   (現・厚生労働省)のエキシマレーザーの使用認可がおりました。)
 ↓
2001年 高性能イントラレーザーが開発されコンピュータ制御されたイントラレーシックが開始。
 ↓
日本では2000年に約2万人、2005年には約7万人もの方がレーシック&イントラレーシックにより裸眼生活を手に入れています。


アメリカでは1999年からレーシックの症例数は飛躍的に伸びており2002年には150万症例を超す勢いで行われています。


アジアの中では韓国がいち早くエキシマレーザーを導入しており、次いで台湾、シンガポール、中国でもPRK、LASIKが行なわれています。


<レーシックの進化>


・角膜への放射状切開による屈折矯正手術(放射状角膜切開術:PK)の試み
  ↓
・角膜にフラップを作成せずに直接表面にエキシマレーザーを照射して屈折力を変えるPRKが普及
  ↓
・角膜にフラップを作成することにより術後の痛み軽減や視力回復の短縮化できるレーシックに移行
  ↓
・通常レーシック使用のマイクロケラトームよりも正確で確実なフラップ作成可能なイントラレーシックが開発





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて