オルソケラトロジー(OrthoKeratology)とは



オルソケラトロジー(OrthoKeratology)とは


オルソケラトロジーとは、角膜の形に合った特別な設計を施された高酸素透過性ハードコンタクト レンズを装用したまま就寝してもらい、睡眠中に角膜の形状を平坦化して屈折力を正視状態に矯正する視力回復方法です。


この方法により一時的ですが近視眼は正視状態に矯正され、日中は裸眼で生活できるという画期的な近視治療法です。


<オルソケラトロジーの特徴>


オルソケラトロジーで用いるレンズは、従来のコンタクトレンズとは異なり日中には使用せず夜間装用専用です。使用方法は、寝る前に装用して朝起きたら外すだけです。

オルソケラトロジーはレーシックのようなに外科的手術ではないので安心です。


オルソケラトロジーレンズの素材の安全性についてはFDA(米国連邦食品医薬品局)でも承認済みです。


適応年齢制限が無いのでレーシックでは適応外である未成年の人でも安心して使用できます。
また、未成年の角膜は柔軟性があるためオルソケラトロジーは極めて有効な手段といえます。


視力回復には個人差がありますが、数時間の装用で裸眼視力をすぐに実感できます。


<オルソケラトロジーの注意点>


・オルソケラトロジーレンズはハードコンタクトレンズと同様のケアが必要です。
・定期検診は必ず受け、医師の指示を守って装用することが大切です。
・オルソケラトロジーレンズ装用による視力矯正の効果は、装用される人の角膜の形状や体質により異なります。
・治療には適・不適があります必ず医師の診察を受けるようにしましょう。


<オルソケラトロジーが適している人>


・レーシック手術を受けたくないが裸眼視力を手に入れたい人。
・年齢制限でレーシックやイントラレーシックなどを受けられない人。


<オルソケラトロジーの治療方法>

1.寝る前にオルソケラトロジーレンズを装用。
2.そのまま就寝。
3.起床時にオルソケラトロジーレンズを外す。


<オルソケラトロジーの利点>


・レーシックと異なり外科的手術ではないので安心です。
・幅広い年齢を対象としているので未成年でも治療を受けられる。
・コンタクトと同じように扱えます。


<オルソケラトロジーの欠点>

・オルソケラトロジーレンズの装用を中止すれば元に戻ってしまう。
・視力回復の程度には個人差が有る。
・コンタクトレンズの装用が出来ないと治療を行なうことができない。






 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて