フェイキックIOL(Phakic IOL)とは



フェイキックIOL(Phakic IOL)とは


最強度近視の屈折矯正手術は、角膜の厚さに十分な余裕があればレーシック手術が可能ですが、
そうでない場合はラセック(LASEK)やフェイキックIOL(Phakic IOL)が選択肢となります。


フェイキックIOLとは、白内障治療で使われる生体適合性が非常に良いといわれている材質であるポリメチルメタクリレート(PMMA)で出来た人工のレンズを眼の中に挿入して近視や乱視、遠視を矯正する治療法です。


簡単に説明しますと、眼の中に半永久的なコンタクトレンズを挿入して屈折力を矯正する視力回復手術です。


フェイキックIOLでは、角膜の厚さや近視の度数と関係なく手術すること可能なため、特に最強度近視で角膜が薄い人でも治療が可能です。


このフェイキックIOLは約20年の歴史があり、現在では全世界で約15万人の方がその恩恵を受けています。その効果や結果も良好で、その安全性は2004年9月に世界でもっとも厳しい安全基準を持つアメリカの公的機関FDA(米国食品医薬局)の承認を受けています。しかしながら、まだ日本では厚生労働省の認可は下りていません。


<フェイキックIOL(Phakic IOL)の特徴>


これまで近視のレーザー治療であるレーシック手術が困難といわれてきた−10D以上の強度近視の方や、現在の近視や遠視、乱視の度数に対して角膜の厚さが足りなかった人も、この治療法によって大幅に視力を回復することが可能になります。


眼内に挿入する人工レンズは交換の必要がなく一度挿入すれば長期にわたり矯正視力を維持することができます。


また、将来において何かの不都合などが発生した場合でもレンズを取り除くことも可能です。
ただし、その場合は元の屈折異常の状態に戻ります。


<フェイキックIOLの適応者>


・最強度近視の人や角膜の厚さがレーシックを受けるには不足している人
(フェイキック IOLは、レーシックでは治すことが難しい強度近視の場合でも治療が可能です。)
・近視の度数が-3.0D以上-23.0D以下、乱視の度数が-7.0D以下の人
・眼の病気(角膜・瞳孔・虹彩・ぶどう膜・網膜の疾患・白内障など)がなく20歳以上の人


<フェイキックIOL(Phakic IOL)の手術方法>


・点眼麻酔を行なった後、レーザーを用いて術後の眼内圧の上昇を防止するために虹彩に穴を開けます。
・その後、白目と黒目の境にある強角膜部分に5〜6mmほど切開してレンズ挿入します。
・挿入したレンズを角膜と虹彩部分との間に挿入固定します。
・切開部分を縫合して手術終了。
・手術時間は約30分です。


手術過程が眼科クリニック施設によって多少異なりますので、フェイキックIOLを希望の方は担当眼科医の説明を良く聞いてからご検討しましょう。


<フェイキックIOLの利点>


・通常のレーシックでは角膜の厚さが足りない人でも屈折矯正が可能。
・レーシック治療では困難と言われている最強度近視の人でも可能。
・手術後に万が一問題が生じた場合でも、レンズの取り出しが可能。
・近視レーザー術後にで起こりがちなハローやグレアは発生しません。
・いったん眼内にいれたレンズのメンテナンスは不必要。


フェイキックIOLは、あくまでレーシックやエピレーシックの手術が不適応とされた人で、
どうしても屈折矯正手術により視力回復を希望する人の最終的手段です。
十分検討してうえで納得してから手術に望むことが大切です。


<フェイキックIOLの欠点>


・眼内レンズは海外メーカーに外注しますのでレンズ代金は前もって支払う必要があります。
・レンズの入手までに約3週間程度の日数がかかります。
・レンズを直接眼に埋め込むので、白内障や炎症を起こす可能性があります。
・フェイキックIOLは、まだ比較的新しい技術なので長期的な臨床的情報が少ない。
・高度な医療技術が要求される手術のため、国内で認定されているフェイキックIOLの執刀医が非常に少ない。
・レーシックに比べ、手術費用が高い。
・両目同時に手術をすることができない。(合併症のケアが必要であるため)
・眼内手術のため、視力の安定にやや日数がかかる。


<フェイキックIOLを受けることができない人>


・近視などが進行中の人。
・眼内に炎症など病気のある人。
・前房(角膜〜虹彩の間)が浅い人。






 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて