ラセック( LASEK)について



ラセック( LASEK)について


ラセック( LASEK)とは、レーシックと同じようにエキシマレーザーを角膜に照射して屈折力を矯正する視力回復手術ですが、そのフラップの作成方法がレーシックと異なります。


フラップを作成してエキシマレーザーを角膜に照射するという点ではレーシックと同じなのですが、ラセック( LASEK)ではマイクロケラトームの様な精密機器を使用するのではなく、アルコールなどの薬品を使って角膜上皮をふやかすように柔らかくして薄皮を剥がすようにフラップを作ります。


ボーマン膜の角膜上皮のみのフラップを作りますので非常に薄く作成できます。
そのため、ラセックではレーシックよりも非常に薄いフラップが作成可能となります。


具体的には、フラップ作成前に眼球表面に20%エタノールや5%NaCl等を用いて角膜上皮の接着力を弱くしてから、ボーマン膜上の角膜上皮細胞のみのフラップをつくりめくり上げてからレーザー照射します。


レーザー照射後にはフラップを元の位置に戻しますが、このフラップは最終的には剥がれ落ち、最終的には再生した角膜上皮によって置き換えられます。


そして薬品の代わりにエピケラトームでフラップを作るのが、エピレーシック(Epi-LASIK)となります。


<ラセックの特徴>


角膜上皮のみの非常に薄いフラップを作成することで、角膜実質層の厚みを十分残すことができるため、従来のレーシックでは不適応とされていた角膜の薄い人や強度近視の人でもエキシマレーザーによる角膜矯正が可能となります。


角膜上皮のみの非常に薄いフラップにすることにより角膜上皮の再生が行なわれ、強い衝撃を受けてもフラップがずれるようなことはなくなり、激しいスポーツや格闘技などを行う方でも安心して屈折矯正手術を行なうことができます。


ただ、ラセックの問題点として個人差もありますがアルコール等の薬品を使用するため、角膜や結膜への影響と角膜上皮が再生するまで痛みが伴うことです。


このあたりはエピレーシックとほぼおなじようなメリットがあるといっていいでしょう。


<ラセック(LASEK)手術の流れ>


1.手術前に点眼薬で麻酔します。
2.薬品(アルコール)で角膜上皮をやわらかくして非常に薄いフラップを作成します。
3.フラップをめくり角膜実質層にエキシマレーザーを照射して屈折力を調整します。
4.照射後にフラップを元の位置に戻して保護用コンタクトレンズを装用して手術終了です。
5.数日後コンタクトレンズを外して終了です。


<ラセックの利点>


・非常に薄いフラップを作成できる
・フラップ部分の角膜上皮は再生するため角膜の強度が保てる


<ラセックの利点>


・使用する薬品(アルコール)による角膜や結膜の障害が考えられる
・手術後に角膜の濁りが出ることがある。
・角膜上皮が再生するまで痛みを伴う
・角膜上皮が再生するまで保護用コンタクトを装用しなくてはならない
・両眼同時に手術を行なうことができない





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて