イントラレーシック ( Intra-LASIK )について



イントラレーシック ( Intra-LASIK )について


イントラレーシック は通常のレーシックと同様、エキシマレーザーを角膜に照射して屈折力を調整して屈折矯正します。


レーシックではフラップを作成する時には超小型金属刃であるマイクロケラトームを使用しますが、イントラレーシックではコンピューター制御された高精度なイントラレーザーを用いてフラップを作成します。


イントラレーシックでは従来のレーシックとは異なりマイクロケラトームを使用することなく、すべて高性能の医療コンピューター制御のもとで精密にコントロールされたイントラレーザーによってフラップが作成されます。


角膜に特殊な平面ガラスを押し当てて固定し、垂直にイントラレーザーを照射します。
イントラレーザーはレンズから一定の深度で作用し、連続照射することにより正確にミクロン単位の剥離面を作ります。


つまり、フラップの厚さや大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置、長さなどを自由に設定することが可能です。


このように角膜に均一の薄さでしかも滑らかで精密なフラップが作成できます。
イントラレーザーを用いることにより従来のマイクロケラトームよりも約60%もの薄いフラップが作成可能で、これまで従来のレーシックでは治せなかった角膜が薄く強度近視の人でも手術が可能になりました。


この最先端技術イントラレーシックが、従来のマイクロケラトームでは不可能だった角膜の形状条件の幅を広げ、より多くの方に安心してエキシマレーザーによる屈折矯正手術を受けることが出来るようになったのです。


そしてイントラレーシックで作成されるフラップのエッジ部分は直角に作ることが出来るため、エキシマレーザ照射後にフラップを元に戻すとき、しっかりと元の位置に固定されるので術後のフラップのズレやシワが起こりにくくなります。


さらには、フラップの厚さも一定の薄さで作ることができるため、フラップの切開面は非常に滑らかでキレイなのでレーザー照射は安定して行うことができます。したがって術後の視界のクリアさも従来のレーシックより期待できます。


<イントラレーシック( Intra-LASIK )手術の流れ>


1.手術前に点眼薬で麻酔します。
2.イントラレースFSレーザーを照射してフラップを作ります。
3.フラップをめくり角膜実質層にエキシマレーザーを照射して屈折力を調整します。
4.照射後にフラップを元の位置に戻して目を洗浄、消毒して終了。


<イントラレーシックの利点>


・均一の薄さで切開面の滑らかなフラップを正確に作成することが可能。
・フラップのエッジを垂直にできるためフラップがずれたりシワができにくい。
・角膜が薄く通常のレーシック不適応でも手術可能の場合がある。
・すべてコンピューターによって制御されているため角膜を傷つけること無く正確にフラップを作成することが出来る。
・従来のマイクロケラトームではフラップの作成が困難だった患者でもレーシックを受けることが出来る。
・従来の方法では治療できなかった乱視も治療できる。
・術後の平均裸眼視力は従来のレーシックに比べ高くなる。
・強度近視の人でも手術可能の場合がある。
・フラップ面を滑らかに作成できるためよりクリアな視力回復が期待できる。
・マイクロケラトームなどの物理的付加がないため眼球へのダメージが少ない。
・フラップ作成時の機械的なトラブルの心配がない。
・従来のレーシックに比べて再手術率が大幅に減少できる。
・フラップの切り傷がきれいに仕上がるためハローの発生を大幅に押さえることが可能。  


<イントラレーシックの欠点>


・イントラレーザーでフラップ作成後しばらく角膜が落ち着くまで時間がかかる。
・フラップ面はレーザー照射による蒸散の影響により接着するまでに多少時間がかかる。
・術後のフラップ面に起きるDLK炎症が問題となるが点眼薬で抑制。
・光に対して過敏になる「羞明(しゅう明)症」の報告があるが1%〜20%と個人差、機械の差が影響しているものと考えられる。
・10年後、20年後の長期の影響がわかっていない。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて