レーシック!視力回復手術の魅力



レーシック!視力回復手術の魅力


レーシックは視力を回復させる為に行う手術なのですが、視力回復だけが目的ならばメガネやコンタクトレンズの装用で事足ります。


しかし、実際にはリスクはゼロでは無いのにも関わらず多くの方がレーシックによる裸眼生活を望んでいます。


なぜ?レーシックはそれほどまでに人気があるのでしょうか?


過去において様々な屈折矯正手術があったのですが、これほどまでに普及しませんでした。どうやら屈折矯正手術としてのレーシックに秘密があるようです。


その秘密とは、

ope02.gif


・医療用レーザーを用いるため手術にかかる時間が両眼で約20分と短いこと
・手術中や術後に痛みがほとんど無いこと
・角膜表面にフラップというフタを作って手術後元に戻すため回復が早いこと
・手術後にすぐさま視力が回復すること
・角膜だけに手術を行うため失明はほとんどありえないこと


上記のようなレーシックの特徴によりその人気があるようです。


眼の手術としては非常に短時間で済み、しかも入院する必要も無く、次の日から視力が回復しているという画期的な方法だからだといえそうです。


そして、眼の手術という恐怖を克服してまで裸眼生活を手に入れたいと願う最大の理由はその人の価値観やライフスタイルによって大きく異なるようです。


メガネやコンタクトレンズによる視力矯正では認可されない裸眼視力の必要な職業に就きたい、メガネやコンタクトレンズなしでダイビング、サーフィンなどのスポーツを楽しみたい、美容上の理由でメガネやコンタクトは使用したくない、旅行時にメガネやコンタクトレンズの予備を持ち運びたくないなど、色々な理由が考えられます。


これらのようにはっきりとした理由があり、本心から裸眼視力を望んでいるのであればそれを実現させるためにレーシック受ける価値はあると思います。


そして実際にレーシックを受ける際には、自分が望んでいるメリットと手術に伴なうリスクや合併症、後遺症などを十分に検討した上で、それでも自分にとって本当に必要な手術なのであれば本人にとってはまさに魅力的な手術となります。


しかし、メガネやコンタクトレンズの使用になんら不満はなく、日常生活やライフスタイルにおいて不便を感じていない人とってはレーシックは不必要な手術となります。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて