なぜ?視力回復手術レーシックを受けたいのか?



なぜ?視力回復手術レーシックを受けたいのか?


最近、近視や乱視、遠視などの屈折異常を矯正する視力回復手術であるレーシックが盛んに行なわれています。


世界的に近視人口の多いここ日本では特にメガネやコンタクトレンズを使用する人が非常に多く、そのメガネやコンタクトレンズの装着や脱着、洗浄などのメンテナンスのわずらわしさから開放され快適な裸眼生活を手にする人たちが急増しています。


数年前まではレーシックの手術費用は50〜60万円と非常に高額であったのですが、近年では医療技術やレーザー技術の目覚しい発展と共に信頼性も高まり、アメリカを中心に徐々に需要が伸びその価格も次第に安くなってきました。そして現在では都心のレーシック手術費用は約12万円と低価格になりました。(最新のイントラレーシックでも14万円台で受けることが可能となっています。)


また、タイガーウッズをはじめブラッドビットや倖田來未さんなどの多くの著名人がレーシックで近視を治したと言うこともあり、その人気は急上昇中です。


きっとあなたもメガネやコンタクトレンズのわずらわしさから本当に開放され裸眼生活を手に入れられるのならは12万円は安いと考えることでしょう。

open01.gif


実際、その価格で裸眼生活を手にしている人たちが存在するのです。


しかし、そのレーシックの手術によりどれだけの視力が回復できるのか?手術後はどのような制限があるのか?手術のリスクはどのくらいあるのか?などの様々な疑問をクリアする必要があります。


レーシックは基本的には近視治療といわれていますが実際には眼にメスを入れる手術です。
つまり、これは明らかに医療行為なのです。


本来、医療行為は何らかの病気を治癒させることを目的として行われるのですが、屈折異常である近視や乱視、遠視などは病気として認められていません。


白内障や網膜剥離などは手術を行わない限り治る可能性が低いため患者はたとえリスクがあってもそれを承知して手術を受けます。


しかし、近視、乱視、遠視などの屈折異常ではメガネやコンタクトレンズを装用すれば、日常生活における矯正視力は得ることが出来ます。


では、なぜ?それほどまでにレーシックを受けて裸眼生活を手に入れたいのか?
これが明確でない限りレーシックを受ける必要は無いと思います。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて