レーシック手術費用と医療保険について



レーシック手術費用と医療保険について


レーシックは近視や乱視、遠視などに対する屈折矯正法なので健康保険が適用されません。
手術代金をはじめ、レーシックにかかわる費用はすべて自己負担となります。
これは近視や乱視、遠視などは病気として認められていないからです。


ですからレーシックは自由診療となりその治療費用はその眼科クリニックや眼科医の自由に設定することができます。


通常、大阪や東京などの大都市での有名眼科クリニックではレーシックの手術費用は両眼で12万〜25万円が相場だといわれています。


しかし、一般的には両眼で40万〜60万円前後に設定されているところが多いようです。
当然、都心以外の地方でもやや高額に設定されているところが多いようです。


また、各眼科クリニックでキャンペーン等を行っている場合がありますので、これらを利用するのも良いと思います。


このようにレーシックの価格は眼科クリニックで差がありますが、その眼科クリニックの場所やその施設による適応検査、手術前検査、手術後検査、検診などを含めた金額設定している施設もあるので、事前にしっかりと確認しておく必要があります。


<一般的な諸費用の相場>

money01.gif

 ・適応検査費用 3,000円〜5,000円(無料の場合あり)
 ・手術費    36万円〜50万円(有名眼科12万円〜)
 ・術後検査費用 3,000円〜5,000円(無料の場合あり)
 ・点眼薬など術後のケア用品費用(手術費用込みの場合あり)


※術後検診として「翌日検診」「1週間後検診」「1ヵ月後検診」「3ヶ月検診」「1年後検診」などの経過観察の定期検査費用も確認しておきましょう。

これらの定期健診の料金が含まれている眼科クリニックが多いようです。


<再手術について>


レーシックでもまれに再手術が必要な場合があります。
しかし、各眼科クリニックではその保障期間中であれば再手術代金が無料のところが多いようです。
手術前には必ず保障期間を確認しておきましょう。(検査費用・点眼薬費用の実費は別途必要です。)
ただし、1度目のレーシックで残された角膜の厚さが足りないときには再手術ができない場合があります。この点に関しても手術前に確認しておくことをおすすめします。


<生命保険・医療保険について>


レーシックに関する生命保険等の医療費に関しましては、生命保険会社で扱いが異なります。
生命保険や医療保険に加入している場合、レーザー角膜屈折矯正手術として手術給付金の対象になる場合もありますので、各保険会社に確認を取ることをおすすめします。


<医療費控除について>


確定申告の際の医療費控除として支払額と医療保険等で戻ってきた額の差が10万円以上に達した場合には、自由診療であっても確定申告で医療費控除を受けることができる場合があります。
詳しくはお近くの税務署に問い合わせてみてください。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて