レーシックの安全性と効果について



レーシックの安全性について


レーシックは角膜に対する手術であり、直接的には網膜や視神経に損傷を与えることなくその手術のみでは失明はありえません。


しかしながら眼球にメスを入れる手術に変わりはありませんので100%安全とは言い切れません。


それでも古くから行われてきた屈折矯正手術としては飛躍的にその安全性と効果が証明されています。

la-6.gif


現在のところ屈折矯正(視力矯正)手術としては最も正確で安全な方法として確立しています。


アメリカでは以前からAAO(米国眼科学会)や ASCRS(米国白内障屈折手術学会)によってレーシックの安全性が認められていましたが、1995年になって最も厳しいとされるFDA(アメリカ食品医薬品局)がレーシックによるエキシマレーザー治療は安全であるとの見解から認可が下りています。


現在、アメリカではレーシックは最もポピュラーな屈折矯正手術と認識され年間150万件を越える手術が行われています。


この数はレーシックによる合併症や後遺症などのトラブルがほとんどないからこそ普及しているものと推察できます。


日本でもレーシックはその安全性が確認され、2000年に厚生省(現:厚生労働省)からレーザー屈折矯正手術として認可がでました。


国内でも認可が出てからは、レーシックを積極的に取り入れる眼科クリニックが増加し、近年になってようやく社会的に認知度も高まり、プロゴルファーや野球選手、芸能人など各界の著名人がレーシックにより裸眼視力を手に入れ快適な生活を送っています。


現在では約100ヶ所の眼科クリニック等の施設においてレーシックが行われ、今後年間に約100万人以上が手術を受けると予測されています。


レーシックの効果


レーシック手術を受ける上で1番に気になるのは、やはり「レーシック手術を受けてどれくらい裸眼視力が回復するのか?」と言う事ではないでしょうか?


回復する度合いは人によって異なりますが、一般に近視の度数や角膜の厚さ体質などに影響をうけるようです。


自分の期待する裸眼視力は適応検査を受けてから担当の眼科医と相談し、その詳細を確認する必要があります。


おおよその目安は、自分の眼に最も適したメガネやコンタクトレンズを掛けた時に見える視力がレーシックで回復可能な視力の目安となるようです。


大切なことなので繰り返しますが、レーシックによって回復できる裸眼視力は精密な適応検査と専門眼科医の相談が必ず必要です。


自分はどの程度の視力回復が見込まれるか?もしくはレーシックが可能かどうか?を確認しておきましょう。


レーシックの回復時間


レーシック手術を受けてからどれくらいで視力が回復するのか?これまた気になるところです。
レーシックでは手術直後から裸眼で帰宅できるだけの視力が回復します。


手術後、少し休憩してから眼を開けることができます。
ちょっと眼がしみて涙が止まらないかもしれませんが、待ちに待った裸眼生活の始まりです。


この時点から眼に対しては細心の注意が必要です。
せっかく安全に手術を終えてもここで眼を擦ったり眼に衝撃を与えてしまっては元も庫もありません。
できれば付添い人がいれば安心です。


eye03.gif






 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて