レーシック を受けるならライフスタイルを考えよう!



レーシック を受けるならライフスタイルを考えよう!


最近レーシック、イントラレーシックによって長年の近視生活から開放され裸眼生活を手に入れている人が急増しています。


今までメガネの不便さや、コンタクトレンズの面倒なメンテナンスから開放され、再びあの快適な裸眼生活をエンジョイしているようです。


swimming01.gif


メガネでおしゃれをしたいと思っている方でも、近視であれば毎回メガネの度数を調整しなくてはなりません。


しかし裸眼で過ごせる方にとっては、気に入ったサングラスやダテメガネはその場で購入することが出来ます。もちろん度数など気にする必要がありません。


さらに美容上、とても大切なチャームポイントとなる目であるため、特に女性の方には人気を呼んでいます。


もちろんメガネやコンタクレンズの使用が認められていない職業の方でも、レーシック&イントラレーシックで視力矯正されていればOKというところもあります。


それに何といってもコンタクトレンズの長期使用による眼へのダメージをなくすことが出来ます。


コンタクトレンズの長期使用は眼の細胞に損傷を与えることが分っています。
レーシック、イントラレーシックで視力を回復すればこれらの眼へのダメージの心配がなくなります。


これら素晴らしい裸眼生活をもたらしてくれる最新技術を導入したレーシック、イントラレーシックも欠点はあります。


生涯を通して角膜表面の強度が低下しますので、矯正前の時以上に眼に気を配ってあげる必要性があります。


特に眼に負担を与える激しい運動やダイビングなどの眼球への圧力にも注意が必要です。


自分のライフスタイルに最も適した視力回復方法を選ぶことが大切です。





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて