レーシック(近視治療法:LASIK)とは?



レーシック(近視治療法/屈折矯正手術:LASIK)とは?


レーシック(近視矯正手術:LASIK:Laser Assisted in-situ Keratomileusis)とは、近視や乱視、遠視などの光学的な屈折異常に対し、医療用エキシマレーザーを角膜に照射してその厚さを調整することによって屈折率を変化させ視力の回復を期待する手術のことです。


これまで様々な方法で角膜に対して行なってきた視力矯正手術に比べ、痛みが少なく、回復も早く、合併症も少なく優れた矯正効果が得られるということで世界的に普及してきた近視治療方法です。


眼科領域において今まで近視や乱視、遠視などの屈折異常には、メガネやコンタクトレンズなどの視力矯正しか方法が無かったのですが、医療用エキシマレーザーの開発・発展により画期的な安全でしかも正確なレーシックが誕生しました。


実際には眼球表面の角膜にマイクロケラトームという超精密な小型のメスを用いてフラップ(マンホールのようなフタ)を作成した後、フラップをめくり高性能エキシマレーザーを照射して角膜実質層を削り取ります。

La2.gif・マイクロケラトームで角膜にフラップを作成します
La3.gif・フラップをめくり角膜実質を露出させます
La4.gif・エキシマレーザーで角膜を削り取ります


実際にどのようにして角膜を削り取って矯正するのかと言うと、レーシックで使用されているエキシマレーザーでは強いエネルギーによって細胞間の分子結合を切り離して蒸散(気体化)させるという方法で削り取ります。(その削り取る量はもちろん近視や乱視などの度合いで調整します。)


しかも、そのレーザーの波長が短いため角膜の一部分を必要なだけ正確に除去することが可能です。
したがって生物の組織にエキシマレーザーを照射しても熱を発することはなく衝撃波がないため、熱に弱い角膜の組織には悪影響を与えることがありません。現在のところレーザーによるDNA破壊に伴なうガン化は確認されていません。


日本では2000年に厚生省がエキシマレーザーによる視力矯正手術を認可し、レーシックの安全性が保障されました。認可されてからはレーシックの認知度が年々高まり、プロスポーツ選手や芸能人などの著名人をはじめ多くの人たちが快適な裸眼生活を取り戻しています。


レーシックは現在のところ最も安全で痛みがほとんど伴わない屈折矯正手術で、合併症は少なく、視力回復も早いということが最大の特徴です。


レーシックの特徴

・手術に要する時間は両眼同時に行っても20分前後で終了します。
・眼の麻酔は点眼麻酔を行いますので、注射などの痛みやショックはありません。
・手術時はもちろんのこと術後もほとんど痛みを伴ないません。
・角膜表面にフラップ(フタ)を作成するため、術後の痛みがなく回復が早くなります。
・安全なエキシマレーザーを使用しますので手術による出血はありません。
・レーシック手術は日帰りで行うことができるので入院の必要はありません。
・回復が早いため翌日には仕事も可能です。(できれば休暇を取った方が良いです。)





 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて