「レーシック&イントラレーシック受診ガイド」のご利用に際して


レーシック&イントラレーシック

   ★ このサイトは、近視で悩んでいる多くの人たちのために、近年、全国的に
普及している人気の「レーシック&イントラレーシック」について
調査し、できるだけ役に立つ多くの近視治療や視力回復に関する情報を、
収集し、初心者の方でも理解しやすいようにまとめた総合情報サイトです。

★ もし、あなたもレーシック&イントラレーシックに興味を持ち、
是非とも自分も受けてみたいとお考えならば、
きっとこのサイトの情報が多少とも役に立つと思います。

★ できるだけ最新の情報を正確に掲載したつもりですが、最近の技術の進歩は非常に早く、
数ヶ月で古い情報になっている可能性がありますので、ご了承ください。

★ また、間違いや疑問、ご意見がございましたらメールで連絡いただければ幸いです。
 

 

◆◇◆ 近視をレーザーで治療!レーシック&イントラレーシックの人気 ◆◇◆


< 近視をレーザーで治療!>
◆ レーシック&イントラレーシックの人気 ◆

 
la-13.gif近年、若い人を中心に「レーシック&イントラレーシック」で近視を治す人たちが急増しています。プロスポーツ選手をはじめ、多くの芸能人たちも口コミやその評判を聞きつけ近視を治しています。

 

その理由は、「安全性が非常に高く」たった一度の、しかも両眼を治療しても「20分程のレーザー治療」で近視が治ってしまうからです。l-3.gif

 

もちろん、「痛み」もほとんどありません。

 

多忙な現代人にとって非常に都合の良い画期的な近視治療法なのです。

 

入院の必要もなく、たった一度の治療で今まで煩わしかったメガネやコンタクトレンズから一生涯開放されるのです。

 

レーシック&イントラレーシックの安全性は、アメリカはもとより日本でも2000年に厚生労働省も認可しており保障されております。

 

l01.gif 世界でもっとも厳格な基準を持つといわれるFDA(アメリカ食品医薬品局)だけでなく世界的に最も厳しい技術評価をすると言われているNASA(米航空宇宙局)でも個人に最も適したレーザー照射を行うことのできる最先端のイントラレーシックをパイロットの視力回復方法として認可しているほどです。

 

現在のアメリカでは、近視の治療といえばレーシック&イントラレーシックと言うほど普及しており、年間約150万人もの人達がレーシック&イントラレーシックを受けてます。

 

現在、日本でもレーシック&イントラレーシックの評判は非常に高く、その普及は全国的に広まっています。

 

今後、メガネやコンタクトレンズから開放してくれるレーシック&イントラレーシックで快適な裸眼生活を手に入れる人たちが増えることは間違いないでしょう。

 

l-5.gif そして、「最も重要なことは」もし、あなたがレーシック&イントラレーシックを受けようとお考えならば、インターネットで様々な情報を収集することも大切ですが、まずは直接有名クリニックが行っている「無料適応検査」を受けて疑問に思うことや聞きたいことを専門家に相談することです。

 

できれば複数の無料適応検査を受けてみることをおすすめします。複数受けることによって、レーシック&イントラレーシックのレベルが判ります。la-6.gif

 

無料で適応検査を行ってくれるような有名クリニックでは、常に最新式の設備をそろえており、疑問に思っていることに対し分かり易く説明してくれ、しかも自分がレーシック&イントラレーシックが受けられるかどうかの判定を行ってくれます。しかも治療後の回復予想視力まで教えてくれます。

 

★ まずは、悩む前に信頼性の高い有名クリニックの
     無料適応検査を受けてみましょう!

 

◆◇◆無料適応検査を受けることのメリット!◆◇◆

 

  ★ レーシック&イントラレーシックが受けられるかが分かる。
  ★ 自分に最も適したレーシックの種類が分かる。
  ★ 治療後の回復視力が分かる。
  ★ 疑問や不安なことについて相談できる。
  ★ 自分の眼の詳細な検査を無料で行ってもらえる。
  ★ 最新測定機器で適応検査を行ってもらえる。
  ★ 検査を行っても、そのクリニックで治療する義務はない
  ★ 実際に必要な治療費用や支払方法が分かる。
  ★ 無料適応検査の他、実際の治療手順が理解できる。
  ★ その他の自分の知らなかった情報が収集できる。
  ★ 無料なので複数クリニックでの相談と適応検査が可能。

 

   一番最後の「複数の施設で検査や相談をする」ということは
   非常に有意義なことです。

   きっと、あなたの疑問や不安ごとを解消してくれるでしょう。

 

Last UpDate 2013年7月26日


 
サイトマップ お問合せ リンクについて このサイトについて